内視鏡検査

  胃内視鏡検査  

苦痛の少ない内視鏡

当院では、径5~6mmと従来のカメラの半分の太さの経鼻胃内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)を使用しています。径が細く、鼻から挿入するので、嘔吐感や咽頭の異物感が大幅に軽減されます。そのため、少量の鎮静剤を併用することにより“苦痛の少ない検査”を受けていただくことができます。検査時間は5~10分です。

検査後、短時間で食事が可能

鼻腔に麻酔薬を噴霧しますが、咽頭はほとんど麻酔されません。そのため、検査後短時間で食事が可能です。また鎮静剤が少量のため、通常、検査後15~20分の休憩後、帰宅することができます。

※ 鼻腔の狭い方は検査中の鼻腔の違和感、検査後の鼻閉感がある場合がありますが、短時間で軽快します。

胃がん発見の検査としても優良

経鼻胃内視鏡はバリウムによる造影検査より、胃がんの発見において優れた検査であるということが言えると思います。

従来の口からの内視鏡も可能

従来通り口からの胃カメラも可能です。経鼻内視鏡よりも鎮静剤を少し多めに投与することで“苦痛の少ない検査”を受けていただくことができます。

鼻から行う内視鏡には、こんな特徴があります。

 苦痛が少ない 

内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔も必要ありません。

​鉛筆より細い内視鏡を使用します。

 吐き気が起きにくい 

内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる

検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話しできるので安心です。

画像・文章引用:オリンパスメディカルタウンより

  大腸内視鏡検査  

大腸は1.5~2mの長さがある曲がりくねった臓器です。内視鏡の挿入には施行医の技術と経験が大きく影響します。当院では消化器内視鏡専門医・指導医の資格を持つ経験豊富な医師が、検査中に硬さが変えられる最新式のファイバーを用い、鎮痛剤、鎮静剤を併用することにより“苦痛の少ない検査”を施行します。検査時間は15~20分です。

大腸ポリープが大きくなって癌化することはよく知られており、当院では検査中に発見されたポリープは切除することを原則としています。小さなポリープはその場で切除します。大きなポリープの場合は切除後出血や腸管穿孔の可能性が高くなるため、当院では切除せず、入院設備のある施設にご紹介いたします。

  内視鏡検査の費用の目安  

胃内視鏡、組織検査なし                            ¥3,420
胃内視鏡、組織検査あり                            ¥7,380~10,860
胃内視鏡、ポリープ切除あり                      ¥18,630~21,210
大腸内視鏡、組織検査なし                         ¥4,650
大腸内視鏡、組織検査あり                         ¥8,610~15,630
大腸内視鏡、ポリープ切除あり                   ¥18,030~29,190

 


■上記の金額は医療費3割負担の方の健康保険の点数を基にした概算で、組織検査の臓器数、大腸の場合ポリープの大きさにより金額が変動します。2、1割負担の方は上記の2/3、1/3の金額となります。

■上記金額に診察料、処方料、検査中に使用した薬剤などの費用が加算されます。